有田市

軽自動車税のQ&A


 

Q1 「転入してきた場合のミニバイク(原付)の届け出は」 
  私は、最近、有田市に転入してきました。所有しているミニバイクのナンバープレートは以前住んでいた町で交付を受けたものですが、このまま乗っていてもよいのでしょうか。

A1 「有田市のナンバープレートに交換してください」
  ミニバイクの場合は所有者の住所地で軽自動車税が課税されます。あなたは、有田市へ転入されましたので有田市役所へ前住所のナンバープレートと印鑑及び標識交付証明書をお持ちになり、登録手続きをしてください。

Q2 「B町のナンバープレートが付いたミニバイクを譲り受けるとき」  
友人から、B町のナンバープレートが付いたミニバイクを譲ってもらうことになりました。手続きはどうすればよいのですか。

A2 「B町の役場で廃車申告してから、有田市役所で登録してください」
  まず、友人(前の所有者)にB町の役場でナンバープレートを返納して廃車証明書の交付を受けてもらってください。
  次に、あなたがその廃車証明書と印鑑、石摺り(車台番号を紙に写し取ったもの)を持って有田市役所で登録手続きをしてください。

Q3 「ミニバイクの名義を同じ市内の人へ変更するには」
  私が所有するミニバイクを同じ市内に住む知人に譲ろうと思います。手続きはどうすればよいでしょうか。

A3 「同じ市内の人に譲る場合、新旧所有者の印鑑で名義変更できます」
  有田市役所に新旧所有者の印鑑及び自賠責保険の証書又は標識交付証明書を持参すれば名義変更できます。

Q4 「使えなくなったミニバイクを廃車するには」  
  長年使っていたミニバイクが壊れてしまったので、解体業者に引き取ってもらおうと思います。何か手続きは必要ですか。

A4 「ナンバープレートを返納して廃車申告してください」
  ナンバープレートと印鑑を持って有田市役所で廃車申告してください。ナンバープレートを返納しないと来年度も軽自動車税が課税されてしまいます。

Q5 「ミニバイクを盗まれたとき」  
私が所有するミニバイクを盗まれてしまいました。どうすればよいでしょうか。

A5 「警察署に盗難届を出してから、有田市役所で廃車申告してください」
ミニバイクを盗まれた場合、警察署へ盗難届を出して、その内容(届出警察署、届出年月日、被害年月日、受理番号)を控えてください。
その後、印鑑と盗難届の内容の控えを持って有田市役所で廃車申告してください。警察署への盗難届だけで、有田市役所へ廃車申告しないと来年度以降も軽自動車税が課税されてしまいます。
なお、ナンバープレートを返納できない場合は、弁償金として300円が必要となります。

Q6 「市外へ転出する場合の手続きは」  
私はミニバイクを所有していますが、来月市外へ転出することになりました。転出先で引き続きミニバイクを使用したいのですが、有田市のナンバープレートのままでもよいのでしょうか。

A6 「転出先の役場で新たにナンバープレートの交付を受けてください」
ミニバイクの場合は所有者の住所地で軽自動車税が課税されます。したがって、有田市役所か転出先の役場へ有田市のナンバープレートを返納して廃車したうえで、その住所地のナンバープレートの交付を受けてください。
なお、転出先の役場で返納する場合は、その役場で事前に手続きを確認してください。

Q7 「年度途中にミニバイクを購入した場合、今年の税金はかかりますか」  
  私は、今年の7月に新しいバイクを購入しましたが、今年の軽自動車税はどうなりますか。

A7 「今年度は軽自動車税はかかりません」
  軽自動車税は4月1日現在、軽自動車等を所有している人に課税されます。したがって、今年度は軽自動車税がかからず来年度から課税されることになります。

Q8 「年度途中で廃車した場合の軽自動車税は」
  私は、8月に軽自動車を廃車しました。既に4月に軽自動車税を納めましたが、税金は還付されますか。

A8 「年度途中で軽自動車を廃車しても還付金はありません」
  軽自動車税は4月1日現在、軽自動車等を所有している人に課税されます。また、月割りや日割りといった制度はありません。
  したがって、4月2日以降に廃車や譲渡しても4月1日の時点で所有していればその年度の軽自動車税は全額負担していただくことになります。

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A