有田市

救助大会

 救助大会は、救助技術の高度化に必要な基本的要素を練磨することを通じて、消防救助活動に不可欠な体力、精神力、技術力を養うとともに、全国の消防救助隊員が一堂に会し、競い、学ぶことを通じて、他の模範となる消防救助隊員を育成し、国民の消防に寄せる期待に力強く応えることを目的としています。
 訓練種目は陸上7種目、水上7種目あり、県内各消防本部単位でそれぞれの種目に出場します。大会は都道府県大会、地区大会、全国大会とがあり、県大会上位入賞者が地区大会、全国大会へと出場することができます。
 本市消防本部では現在陸上種目のうち、ロープブリッジ渡過、ロープブリッジ救出、障害突破の3種目に計9名の隊員が出場し、全国大会を目指し日夜訓練に励んでいます。

ロープブリッジ渡過

 水平に展張された渡過ロープ20メートル(往復40メートル)を、往路はセイラー渡過、復路はモンキー渡過するロープ渡過の基本的な訓練です。

セイラ-渡過モンキー渡過

ロープブリッジ救出

 4人1組(要救助者を含む)で、2人が水平に展張された渡過ロープ(20メートル)により対面する塔上へ進入し、要救助者を救出ロープに吊り下げてけん引して救出した後、脱出する。
 要救助者を隣の建物等から進入し、救出することを想定した訓練です。

座席結び結索中チロリアン渡過要救助者縛着中要救助者救出準備要救助者けん引隊員脱出

障害突破

 5人1組(補助者を含む)で4人が緊密な連携の下、一致協力して「乗り越える」「登る」「渡る」「降りる」「濃煙を通過する」の基本動作により5つの障害を突破する。
  災害現場の様々な障害を想定した訓練です。
スタート高塀乗り越えはしご登はん渡過ロープ展長セイラ-渡過降下煙道通過ロープ整理

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A