有田市

市民課関係の質問と回答

子どもが生まれたとき?

出生届の注意点

  • 届出先
    父母の本籍地、届出人の所在地、出生地のいずれかの市区町村役場
  • 届出人
    父または母。父母が届け出られない場合は、同居人、医師、助産師の順で届出しなければなりません。
  • 届出期間
    出生届は、生まれた日を含めて14日以内に届けてください。
    休日・夜間でも受け付けます。また14日目が市役所が休日の場合には、翌日でも結構です。

必要なもの

  • 届書(出生証明書添付のもの1通)
  • 届出人の印鑑
  • 母子健康手帳
  • 国民健康保険証(加入者のみ)

(注)子の名に使用できる文字は、戸籍法で定められており、人名用漢字、カタカナ、ひらがなを使うことができます。使える文字を確認したい場合は、市民課で確認できます。

結婚したとき?

婚姻届の注意点

  • 届出先
    夫または妻の本籍地、あるいは所在地の市区町村役場
    休日・夜間でも受け付けます。届出の用紙は、全国共通で、有田市では、市民課に用意しています。
  • 届出人
    夫と妻
  • 届出期間
    特に制限はありません。
    婚姻届は、市区町村役場で届出が受理された日が婚姻の日になります。

必要なもの

  • 届書(1通)
  • 夫婦の印鑑(婚姻前の姓のもの)
  • 夫または妻の本籍地が届出地でない場合は、戸籍全部事項証明書(謄本)(1通)
  • 来庁者の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど官公署発行の顔写真付証明書
    または、健康保険証等)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 国民年金手帳(加入者のみ)

婚姻届の記載について

  • 氏名は婚姻前の氏名で記入します。
  • 住所は婚姻届を出す時点での住民登録地を記入します。ただし婚姻届を出すのと同時に転入・転居届も提出する場合は、新しい住所を書きます。
  • 必ずどちらの氏を名乗るのかを選びます。
  • 氏が変わらない方がすでに戸籍の筆頭者である場合は、「新しい本籍」欄には何も記入しません。
  • ご結婚される当事者が20歳未満のときは父母の同意が必要です。父母の署名・押印のある同意書を一緒に提出するか、あるいは「その他」欄に父母が同意する旨を書き、署名をし、押印する必要があります。
  • 届書の左下の欄には、夫と妻の署名押印が必要です。届書右の証人欄には満20歳以上の方2人の署名押印も必要です。

死亡したとき?

死亡届の注意点

  • 届出先
    本籍地、死亡地、届出人の住所地のいずれかの市区町村役場
  • 届出人
    同居の親族、同居していない親族、同居者、家主、地主、家屋などの管理人
  • 届出期間
    死亡届は、死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡したときは3カ月以内)に手続きをしなければいけません。
    休日・夜間でも受け付けています。

必要なもの

  • 届書(死亡診断書添付のもの1通)
  • 届出人の印鑑
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 国民年金手帳(加入者のみ)

死亡届以外の手続き

死亡された人が次に該当する場合は、後日それぞれの手続きが必要です。

  • 印鑑登録をしていた場合は、印鑑登録証を返納して下さい。
  • 外国人が亡くなられた場合は、在留カードまたは特別永住者証明書を返還して下さい。
  • 国民健康保険加入者は、国保年金係で手続きを行って下さい。
  • 福祉医療費助成制度(心身障害者、65歳以上重度心身障害者、一人親家庭等、乳幼児、老人(68・69歳))を受給している人は福祉課で手続きを行って下さい。
  • 老人保険医療受給者は、福祉課で手続きを行って下さい。
  • 国民年金に加入中だった人は、国保年金係で手続きを行って下さい。
  • 国民年金を受給していた人は、国保年金係で手続きを行って下さい。
  • 65歳以上の人は、介護保険課で介護保険証の返還等の手続きを行って下さい。

 

有田市内で引っ越したとき?(転居)

 転居届の注意点

市内で引っ越しされた人は、新しい住所地に住み始めてから14日以内に市民課の窓口で転居届をしてください。
印鑑登録については、転居届をしますと自動的に新しい住所に変更されますので、改めて手続きをする必要はありません。
(注)届出の際は来庁者の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど官公署発行の顔写真付証明書または健康保険証)が必要です。

転居に伴う主な手続き

  • 国民健康保険に加入している人は、保険証を国保年金係にお持ち下さい。
  • 公立の小学校、中学校に通っている児童、生徒がいる人で、学区が変わる場合は、教育委委員会で手続きが必要です。
  • 児童手当を受けている人は福祉課で手続きが必要です。
  • 福祉医療費助成制度(心身障害者、65歳以上重度心身障害者、一人親家庭等、乳幼児、老人(68・69歳)を受給している人は福祉課で手続きを行って下さい。
  • 老人保険医療受給者は、福祉課で手続きを行って下さい。
  • 介護保険の被保険者の人は、高齢介護課で手続きを行って下さい。

市外より有田市へ引っ越してきたとき?(転入)

 転入届の注意点

他の市区町村から、有田市に引っ越しされた人は、住み始めてから14日以内に市民課の窓口で転入届をして下さい。
(注)届出には、前住所地から発行された転出証明書が必要です。
   また、国外から転入された人は、パスポートをお持ち下さい。
   住民基本台帳カードをお持ちの人は、転入・転出の際、窓口での手続きが転入時の1回だけで済みます。
   ただし、事前に旧住所地の市区町村に必要事項を記入した転出届を郵送で行っておく必要があります。

転入に伴う主な手続き

  • 国民健康保険の加入が必要な人は、国保年金係で手続きが必要です。
  • 市では福祉医療費助成制度として(心身障害者、65歳以上重度心身障害者、一人親家庭等、乳幼児、老人(68・69歳))を行っております。該当されると思われる方は福祉課で手続きを行って下さい。
  • 老人保険医療受給者は福祉課で手続きが必要です。
  • 国民年金に加入している人は、国保年金係で手続きが必要です。
  • 児童手当を受けている人は、福祉課で手続きが必要です。
  • 介護保険の被保険者は、高齢介護課で手続きが必要です。
  • 市立小中学校に通学しているお子さんがいる人は、教育委員会で手続きが必要です。
  • 保育所に入所を予定されている人は、福祉課で手続きが必要です。

有田市から他の市区町村へ引っ越すとき?(転出)

 転出届の注意点

有田市から他の市区町村や外国に転出される人は、あらかじめ市民課の窓口で転出届をして下さい。
届出には、転出先の住所の記入が必要です。この転出届を出された時は、外国へ転出される人を除いて転出証明書が交付されます。この転出証明書は転出先の市区町村役場へ転入の届出をする時に必要
ですから大切に保管して下さい。
なお、都合により転出しなかった人は、転出取り消しの手続きが必要ですので、詳しくは市民課までお問い合わせ下さい。
(注)住民基本台帳カードをお持ちの人は、転入転出の際、窓口での手続きが転入時の1回だけで済みます。
   ただし、事前に旧住所地の市区町村に必要事項を記入した転出届を郵送で行う必要があります。

届出に必要なもの

  • 届出人の印鑑
  • 国民健康保険証
  • 印鑑登録されている人は印鑑登録証
  • 来庁者の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど官公署発行の顔写真付証明書または、健康保険証等) 

転出に伴う主な手続き

  • 印鑑登録をしている人は、異動日をもって廃止されます。お持ちの印鑑登録証は市民課へ返納、または廃棄して下さい。
  • 国民健康保険に加入している人は、保険証と印鑑を持参して、国保年金係で手続きして下さい。
  • 福祉医療費助成制度(心身障害者、65歳以上重度心身障害者、一人親家庭等、乳幼児、老人(68・69歳))を受給している人は福祉課で手続きを行って下さい。
  • 老人保険医療受給者は、福祉課で手続きを行って下さい。
  • 国民年金に加入している人は、新住所地で住所変更手続きをして下さい。
  • 児童手当を受給している人は、転出証明書と印鑑を持参して、福祉課で受給事由消滅届をして下さい。
  • 介護保険被保険者証をお持ちの人は、介護保険被保険者証と印鑑を持参して、高齢介護課で資格喪失届及び介護保険料精算手続きをして下さい。介護の認定を受けている場合、新しい住所地で有田市の介護保険受給資格証明書を添えて申請をすれば認定を引き継げます。ただし、この申請は住所を移してから14日以内に行う必要があります。
  • 125cc以下のバイクをお持ちの人は、ナンバープレートと印鑑を持参して税務課で廃車届をして下さい。
  • 市立小中学校に通学しているお子さんがいる人は、通学していた学校へ直接届けて下さい。

 

こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A