有田市

介護予防・日常生活支援総合事業

平成29年4月から始まります

 介護予防・日常生活支援総合事業は、高齢者の介護予防と自立した日常生活の支援を目的とした事業で、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」の二つからなります。地域のニーズや実情に応じた多様なサービスを必要な方に適切に提供します。

 

有田市では事業者指定により下記の事業を実施します。

 1.訪問介護相当サービス(介護予防訪問介護と同様のサービス)

 2.訪問型サービスA(人員基準等を緩和したサービス)

 3.通所介護相当サービス(介護予防通所介護と同様のサービス)

 4.通所型サービスA(人員基準等を緩和したサービス)

 

 

事業者指定について

 平成27年3月31日以前に介護予防訪問介護、介護予防通所介護の指定を受けた事業者は、総合事業の指定を受けたものとみなす経過措置(「みなし指定」)が設けられていますので、新たに指定申請を受けなくても、「訪問介護相当サービス」と「通所介護相当サービス」を実施することができます。

 ただし、総合事業のみなし指定の有効期間は、平成30年3月31日までとなっており、それ以降サービスを提供するには指定更新が必要となります。

 

※平成27年4月1日以降に指定を受けた事業者、訪問型サービスAおよび通所型サービスAを実施予定の事業者については指定申請の手続きが必要となります。

 

 

 


こんなときには

手続き・証明書

妊娠・出産

結婚・離婚

健康・福祉

助成・手当

子育て・教育

引越し・住まい

死亡・相続

ごみ・リサイクル

スポーツ・文化

各種相談

こんなときQ&A